フリーの不思議日記(心の叫び)
気負わず・気楽に、きまぐれに♪自由に生きるフリーが零す吐露空間.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おまけ記事
たいした内容ではありませんが、ちょっとした情報提供といった感じのおまけ記事です。

フリーが愛読している『サラブレ』にスタホ2(TE)に関する記述がありましたのでご紹介します。

サラブレ記者が、スタホ2(TE)開発者への直接インタビューへのQ&Aです。
※簡潔に記載していますので、詳しくはサラブレ1月号本誌にてご確認下さい。

Q=記者
A=開発者:佐藤氏

Q:調教や飼葉のオススメ機能ですが、これは信じても良いのでしょうか?

A:調教については、馬体の重調整や疲労の見極めという点で参考になると思います。
飼葉については、能力というよりは、馬体重調整的な意味合いが強いです。
また、オススメ機能については、厩舎レベルと連動していまして、厩舎レベルが高い上級者に向けては、コメントが理論的になったりするなど微妙に変化するようになっています。


Q:追い切り機能についてお伺いしたいのですが?

A:SFまでは数週前の早い時期からレース登録してもメリットがなかったのですが、今回は3週前に登録すれば、その3週分は調教を多く出来るのでメリットが生まれます。
調教量が増えれば、その分だけ馬が強くなりますし、馬体重などもより細かく調整できるという利点があります。


Q:メダルを賭けまくるという、俗にいわれる『潰し』といわれる現象の有無についての質問が多いのですが?

A:潰しに関しては全くありません。プレイヤーがどこにベットしても、それを外したり、、逆に当てたりなどといった制御はありません。
また、『当たりサテライト』、『外れサテライト』なども一切ありません。

Q:つまり完全にオカルトネタということなのでしょうか?笑

A:そうですね。笑 そういったインチキ(制御)を入れつつゲームが破綻しないようにプログラムを作るのは、、実は逆に難しいと思います。笑


Q:では、、レースには出走させずにひたすら調教することで能力をアップさせる『漬け』については?

A:調教や飼葉をやり続けていれば、その分強くなっていくというのは確かにあります。

Q:では、漬けをやればやっただけ効果があるという感じですか?

A:強い馬を育成する手段のひとつではありますが、必ずしもそれが上手く行くとは限りませんし、もちろんマストではありません。

Q:馬の機嫌と調教の効果の相関関係についてですが?

A:調教前に馬を撫でたり叩いたりすることで馬の機嫌は変わりますが、機嫌が悪い時には大成功か大失敗になる確率が高くなります。
機嫌が良ければ、大成功も出にくく大失敗も出ないように安定します。

Q:どっちが得なんでしょうか?

A:・・・・。イーブンかな?笑

Q:レース直前の地下馬道でも馬を撫でたり叩いたり出来ますが、あれは効果があるんでしょうか?

A:効果といえば、馬が負けて帰ってきたときに、『負けてしまいましたが、この経験から確実に何かをつかみました!!』や『レースには惨敗してしまいましたが、1つの壁は確実に乗り越えました!!』、『二桁着順の不甲斐なさが、この馬の闘志に火をつけました!!』というコメントが出ることが稀にあるのですが、これは負けたにも関わらず馬が強くなっている可能性すらある激熱コメントです!

Q:えっ?まさか、そのコメントを狙って出せるわけですか!?

A:実は、レース直前の地下馬道での機嫌によって・・・・・あとは皆さんで研究して頂きたいですね。笑


~インタビュー終了~


どうです?結構中身が濃くて面白い内容じゃなかった?笑
まず、分った事は・・・・
①オススメ機能と厩舎レベルは微妙に連動しており、コメントが変化する。

②追い切り機能は、やはりメリットが存在している。
また、『調教量が増えれば、その分だけ馬が強くなりますし、馬体重などもより細かく調整できるという利点があります。』と発言しているように、調教量が増えればその分だけ馬が強くなる。

③ベットによる潰しは一切なし。また、『当たりサテライト、外れサテライトなども一切ありません。』との発言から、サテ別による『波』なども存在しない。

④調教前の馬の機嫌によって、調教の成功・失敗の確率に変動が伴う。

⑤負けたにも関わらず馬が強くなっている可能性すらある激熱コメントが存在する。

■『負けてしまいましたが、この経験から確実に何かをつかみました!!』
■『レースには惨敗してしまいましたが、1つの壁は確実に乗り越えました!!』
■『二桁着順の不甲斐なさが、この馬の闘志に火をつけました!!』

などなど

⑥『実は、レース直前の地下馬道での機嫌によって・・・・・あとは皆さんで研究して頂きたいですね。笑』この発言からも、何か『地下馬道』での秘密が隠されているかも?笑


おまけ記事なので、前記事へのコメント頂いた皆さんへのお返事を明日にします☆

少しは得した気分を味わえるおまけ記事だったでしょ?笑


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。