フリーの不思議日記(心の叫び)
気負わず・気楽に、きまぐれに♪自由に生きるフリーが零す吐露空間.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
8月もあと少し

ご無沙汰してますm(__)m
忙しい毎日には慣れたもんですが、楽しい時間ほど過ぎ去ってしまうのが早く感じてしまうというのは分っていても慣れないもんですねぇ...

この時期、学生の多くはそう思ってるんじゃないでしょうか?
夏休みも地域によっては、今日で終わりのところもあるでしょうから。

この土日は、いつに無くゆっくりまったりして過ごしてました。
子供と公園へ行ったり、一緒に数時間も昼寝したり(笑)
庭で水遊びなんかもやりましたが、やっぱり子供は水遊びが大好きなんですね!
P8282200.jpg
P8282201.jpg

お風呂でも一緒に遊んでるんですが、いつまでたっても飽きずに遊ぶもんで・・・(笑)
P8242145.jpg
なんか、元気玉使えそうな雰囲気でしょ?(笑)

はは・・今日は親ばか前回の記事だなぁ(//∀//)



※コメントを頂いた皆さんへお返事をm(__)m


[カリスタさん]
自分の子供を世界一と誇れないようじゃ、個人的にはダメな親ですけどね(笑)
>>子供ってどうやったらできるんですか?

配合画面
まあ、あとはボタンを押すだけで子供は誕生するわけですが・・・

って、そうじゃない?(笑)
釣りバカ日誌でいう、「合体」しちゃえば出来ちゃうんじゃないかと(笑)
スポンサーサイト
休日


こんばんは!
今日は昨日の振り替え休日という事で・・・ゆっくり疲れを癒してました。
以前からやりたいと思っていながら、なかなか手付かずだった部屋の模様替えも終わらせる事が出来、子供と外で水遊びも堪能して美味しいものも食べて・・・と、これぞ休日!!って感じの一日で大満足(笑)


さて、昨日のWIN5・・・皆さんは如何だったでしょうか?
俺は相変わらずダメダメで、1レース目で撃沈でした(T_T)
ssp20110821519view.jpg
レパードSは武豊騎乗のボレアスが完勝したわけなんですが・・・何の因果でしょうかね。
いや、因果というのか運命というのか....

ディープインパクト産駒の重賞初制覇も武豊騎乗のダノンバラード。これは芝レースでの重賞でした。
そして今回はダート重賞でのディープ産駒初制覇も武豊騎乗のボレアスという・・。
華があるジョッキーには、いつでも華やかな結果が待っているんですねぇ~
先日には世界最高騎乗?の賞も受賞したようですし、まだまだ頑張ってもらいたいですね!
今年のリーディングジョッキーは無理でしょうけど、馬質の落ちている昨今でも連に絡んでいる競馬はしてますし・・・ローズキングダムから降ろされたとはいえ、まだスマートファルコンがいるわけです!!
連続GⅠ勝利記録も途絶えさせず頑張って欲しいものです!

明日は宿直・・・この繁忙期、もはや今年いっぱい途絶えそうに無い。。。



※コメントを頂いた皆さんへお返事をm(__)m



[カリスタさん]
出張お疲れ様でした!
天才の歌・・・まあ、アフォな歌ですよね、まったく(笑)
>>フリーさんって元ヤ○ザだったんですか爆

まったくもって誤情報です!!
凡人です(笑)
アカデミー

姫が何気なく、ダメもとで応募した総合芸能学院アカデミー。
110819_223055.jpg


なんと・・・



P1010006.jpg
110819_230055.jpg


一次試験突破!!!!


流石は、我が子!
この唯一無二の愛くるしさは、万人共感だったか!!

ん?我が子?
そうです。これ、子供の赤ちゃんモデル、又は子供タレントを育成する学院(笑)

[テアトルアカデミーのHP]

おいおい・・・子供を芸能人にする気か?という声も聞こえてきそうですが、ダメもとで遊び感覚で応募したらしく、まさか受かるとは・・・って感じなわけです。
二次試験は9月6日に大阪であるらしいですが....勿論!!


もう満足したので行く気ナッシングです(笑)


受かったけど蹴った!という結果だけで、結構満足できてしまう人も多いんじゃないですかね?
まあ、こういうのって結構・・・最終的には費用もかかるらしいので、余程の想いが無いと普通は行きませんよね。


意外な結果でしたけど、合格して嬉しくないなんて事は少ないですよね☆



※コメントを頂いた皆さんへお返事をm(__)m



[とどろきさん]
>>もし俺が天才だったら 秋休みを作るだろう

同レベルですよ、それ(笑)
大人になると夏休みなんて、そうそうありませんからねぇ~
第29話[エックス VS ゴミドモ]

【BEST STORY~最高の栄冠~】
※この物語はフィクションです
※小説ではなく初心者の書いた作文としてお楽しみください

第29話[エックス VS ゴミドモ]


豪華で華やかなラスベガスの舞台、WBCC。
エックスのティアーズ、ゴミドモのジエンドフィナーレの人気二強。
それぞれの脚質は、自在とまくり・・・お互いに特殊脚質。
張り詰めた空気を開放するかのようにゲートが開いた!!
その瞬間、

バンッ!!バンッ!!!

とサテを二度三度叩く轟音と共に

「よっしゃっ!!よっしゃ!!ハハハハッ!!!」

と立ち上がって大声で叫ぶゴミドモ。
エックス「何、意味わかんねーこと叫んでんだ。うるせーから黙って見てろ!」
ゴミドモ「あぁっ!?見なくても分かんだよ、このカスがぁっ!オレの発走ランプはレインボーだった!今日、ここまでずっと青だったが、ここへきてレインボー!しかも当然の1番人気でレインボー、こりゃ確定だ!残念だったな、雑魚馬に期待して。ハハハハッ!」
エックス「発走ランプ?あぁ、そんなもんを信じて調子乗ってんのか。確かに期待値は分かるみたいだが、あくまでも期待値であって確実じゃねーだろ。結果を見てからはしゃげ。」
ゴミドモ「くくくっ…確実じゃなくとも高確率だ。ましてやお前の雑魚馬と二強構成・・・。 ん?!ハハハハッ」
エックス「いちいち俺の前で笑うな!」
ゴミドモ「くくくっ、ほら良く見てみろ。エッフェル塔も赤色の演出だ。これでさらにプレイヤー馬の勝率確率が高くなった!」
エックス「俺の馬が勝つかもしれないだ・・・ぐっ!?」
ゴミドモ「ハハハハッ!!自在の雑魚馬は伸びあぐねて、オレのジエンドフィナーレが一気に捲って行ってる!この演出なら確実だろ!?ハハハハッ!!」

ゴミドモの高らかな笑い声に共鳴するかのように鋭く伸びてくるジエンドフィナーレ!
他馬が止まって見える程に圧倒的な末脚で、この大レースに終止符を打つゴール板……それを悠然と先頭で駆け抜けたのはゴミドモのジエンドフィナーレだった。
エックスのティアーズは見せ場も作れないまま、力なく馬群に沈んだ。

ゴミドモ「ハハハハッ!!楽勝!楽勝!!」

大声で喜びを露わにし、ゴミドモはエックスを見下す様にこう続けた。

ゴミドモ「グフフハ!この勝負はオレの勝ちだな!ハハハハッ!!
約束は約束だ。しっかり守ってもらうぞ!?金輪際、オレの馬の邪魔は絶対にするなよ、雑魚が!!」
エックス「・・・っち。 分かってるよ、いちいちうるせーな。
でもお前こそ勘違いすんなよ?金輪際じゃねぇ。『今回のスタートとの勝負に限っては』の話だ!」
ゴミドモ「なにぃっ!?ここへ来てそんな子供染みた屁理屈をいう程、お前はカスだったのか!?あぁっ!!」
エックス「屁理屈じゃなくて言葉通り、約束通りの内容だろ。お前こそ日本語を一から教えてやらなきゃ理解出来ない程バカだったのか?」
ゴミドモ「なんだとぉっ!!」
エックス「お前が納得出来ないなら出来ないで、それはそれで構わねーけどな。この勝負は無効って事で。」
ゴミドモ「!! ・・・・ハッ!雑魚は雑魚なりに無い知恵絞って足掻いてるんだな。今回は大目に見てやるわ!」
エックス「無い知恵・・・か。知恵が無いかどうか、いずれ分からせてやるよ」
ゴミドモ「あぁ? 何を意味の分からん事を…」


ジエンドフィナーレがWBCCを快勝した事で気分が良かったのか、今回のゴミドモは意外とアッサリしていた。
エックス「ぶちのめすどころか、逆にぶちのめされたな…」
スタート「スタホは運の要素も強いから仕方ないよ」
クリア「やっぱり善戦マンの晩成型じゃなかったな…。これからゴミドモの馬も一気に覚醒するかもしれない。次のSWBCで恩恵取られたら、ますますやっかいだな。何か手を打たないと・・・どんどん勝負が不利になって行く一方だ。」
スタート「・・・。よし!こうなりゃ一か八かだな!」
イヴ「ん?スーくん、何か良いアイディア思い付いたの?~(・・?))」
スタート「いや、全然良いアイディアじゃ無いけど・・・やって見る価値はあるかな」
エックス「どんな作戦だ?」
スタート「いや、もはや作戦ですら何でも無いよ。出たとこ勝負って感じ」
クリア「言ってる事がさっぱり分からないけど?ネオスタートを何かに使って、ゴミドモと勝負するっていう事じゃ無いの?」
スタート「ん?あぁ、その通り。とりあえずゴミドモのジエンドフィナーレの次走は絶対にSWBCで揺るがない。黄権があろうと絶対に次のWBCTに出てくる事は無い。だから、とりあえずネオスタートは次のWBCTに出す」
エックス「おいおい・・・今更レースプログラム言わなくても分かってるだろうけど、WBCTじゃ奴のSWBCには間に合わねーだ・ろ・・う・・・ん? おいおい、まさか・・・」
クリア「…まさかな。流石にそれは・・・」
スタート「ははっ…流石エックスとクリア!そう、そのまさか!それで行こうかなと思ってる!」
イヴ「・・・( ? _ ? )」
エックス「はぁ~・・・一か八かどころか、そりゃただの夢物語だろ。期待して損した。」
クリア「それで行こうと思うって簡単に言うけど条件が厳しすぎるだろ!WBCTを勝利する事が絶対条件なんだから!」
スタート「そんな事2人に言われなくたって分かってるよ。でも・・・大丈夫。」
クリア「何がどう大丈夫なんだよ?どこから来るんだ、その自信は!?」
スタート「・・・なぁ、俺達が今やってる事って正しくは無いかも知れないけど....間違っては無いよな?」
エックス「 ? ゴミドモとの勝負の事か?」
スタート「うん、そう。」
クリア「間違っては無いだろ。そりゃ、スタホでこんな風に喧嘩腰勝負するのは良く無い事だろうけど、それ以上にゴミドモの言動や行動は大問題!それを正そうとしてるんだから間違いなんかじゃ無い!」
スタート「…だよな。じゃあ、今回のこれは絶対に上手く行くはずだ!そう何度も何度も正義が悪に負けてたまるか!
もし神様がいるなら、ここは勝たせてくれるさ!!」
エックス「何だよ・・結局は神頼みかよ…」
クリア「次から次へと、良くもまあ思いつくもんだよな…。普通は、大事な始動馬だから慎重になるもんなんだけどな・・・。
まさか、こんな序盤からWBCT→SWBCのゼロ週間隔、究極連投ローテをやろうと目論むなんてなぁ…勝ち負けは別にして、そのローテを成立させた時点で既に神業級だよ、スタート。」







TO BE CONTINUED…
※更新は不定期ですm(__)m
自分のあの頃

学生のほとんどが夏休み真っ盛りであろう、この時期。
部活に明け暮れている人、勉強に精を出している人、好き放題遊び呆けている人・・・人それぞれの日々を過ごしているんでしょうね。
この時期になると、俺は不思議と自分が小学生だった頃の夏休みを思い出す。
計画的に宿題を進めているようで、結局は終盤に大変な思いをしてしまった事や・・・読みたくもない本を読み、読書感想文を書かなくてはいけなかった事。時には、本屋に行ってタイトルと著者の名前だけメモって、内容をタイトルから想像して、さも読んで感想を書いているように誤魔化していた事も『多々』あった(笑)
自由研究なんかも自由工作なんかも、作詞作曲なんていう変わった宿題の時もあった。
この時の作詞作曲した歌は、今でもハッキリと鮮明に覚えている。歌う事さえできる。
まあ、歌うと言っても極端に単純で短い歌なわけですが・・・
これが中一?の時に考えて作った作詞だと思うと、自分で情けなくなってくるのだが・・・良い機会なのでご紹介しよう。



タイトル[ 天才だったら ]

もしも僕が天才だったら 夏休みでも 勉強しない
そうしたらどんなに楽だろう

もしも僕が天才だったら 冬休みでも 勉強しない
そうしたらどんなに楽だろう

もしも僕が天才だったら 春休みでも 勉強しない
そうしたらどんなに楽だろう





なんとも残念な歌である(笑)
詩と呼ぶ事すらおこがましいが、当時は真剣に考えていたんでしょう・・・たぶん(笑)

漫画は好きですが、小説は一切読まない俺。
しかしながら、前記事でも紹介した「天国の薫」という本を買ってきて数時間で読み切りました。
110817_213951.jpg
近々、この本に関して読書感想文でも書いてみようと思っています。
ですから・・・今ここで感想は書きません。
自信をもって、皆さんにオススメできる一冊です。



※コメントを頂いた皆さんへ御返事をm(__)m


[カリスタさん]
GLAYの由来・・・意外でしたか?
音楽にはあまり興味が無いとの事でしたが、機会がありましたらぜひ聴いてみてくださいね★
・・・・ね


あっ!!



・・・と言う間に御盆休みが終わりました(笑)
両親は孫とたぁ~っぷり遊んで笑って嬉しそうでした★
まあ・・・満足できるほどの時間の長さでは無かったみたいですが、それは限りがありませんからね(*^。^*)
昨日はみんなで競馬をテレビ観戦したりもして、親父はクイーンSで三連単を的中させ、見事に5万円を手中に収めておりました!!
俺は俺で、何気にそれの馬連をとってるという・・・ね(笑)
西日本賞北九州記念は姫が単勝を当ててるという・・・ね(笑)

そして、なんとなんと!!!


WIN5を!!!!!







いつも通り、当ててないという・・・ね(笑)

思わせぶり失礼m(__)m


さてさて、あと1カ月後には驚異的な長期連休....12連休が待っていますから、それを目指して頑張ります!!
上手くいけば、Re.Free'sのCLUBメンバーイチカラさん&まっつーさんにお逢い出来る予定となっております!

出逢ったきっかけが何であれ、些細な出会い1つ1つを大切に紡いでいく事は、人生の中でも非常に貴重で重要で....そして大切な事だと思いますが、皆さんはどう想い、どう感じながら、唯一無二の時間を過ごしていますか?
『天国の薫 世界で一番キミが好き』という本をご存知でしょうか?
51kAxfPalIL__SL500_AA300_.jpg
※GLAY/Preciousの基となった本です
自分を見つめ直してみたいと思う方には、ぜひ。



※コメントを頂いた皆さんへ御返事をm(__)m


[カリスタさん]
お褒め頂きありがとうございますm(__)m
って.....誰がダイイムじゃいっ( ̄□ ̄;)!!はうっ
ま、言われなれてますが(笑)
>>BESTSTORYは何話まで完成していますか?

全然進んでおらず、30話です(苦笑)
まあ、ラストは書き始める前から決まっているので・・・途中経過はどうとでも出来るんですが。
構想通りの流れだと、現時点で半分くらいですかね。ストーリー的な流れの話で、実際に書き続ければ100話は超えると思うんですが(笑)
>>GRAY
GLAYです!
その由来は・・・
造語。音楽のジャンルが黒(ロック)でもなければ白(ポップ)でもないという意味。ビートルズがバンド名を造語にしたことに因み、TAKUROがGRAY(英語。"灰色"の意)の"R"を"L"としたらしいです。また函館の冬空の色(灰色)にもかけていて・・・又、灰色には不純なイメージがあると思われるからともいわれています。
GLAY Anthology

皆さんはもう御盆休み中ですかね??
自分は明日からの週末、土日がその御盆休みになります。
毎年9月に大型連休を取得するので、これといった目立った御盆休みはありません・・・が、明日・明後日は両親が孫に会いに来ます(笑)
うちの子供にかなりの溺愛・・・・その気持ちは、その立場になってからじゃないと分らないらしいですよ、親いわく(笑)

さてさて、タイトル通り・・・先日に入手したGLAYのオフィシャルアルバム、アンソロジー!
f0218951_22251661.jpg
e.jpg
10枚目のオリジナルアルバム『GLAY』関連音源を豪華BOXセットにまとめた『GLAY Anthology』

GLAY初の、レア音源集&豪華ブックレットをスペシャル仕様パッケージに収納した永久保存版。
収録内容は以下です。
Disc1:アルバム「GLAY」の楽曲全て(全10曲)を収録(オリジナルと同一の音源です)
Disc2:アルバム「GLAY」収録曲のリミックス音源、制作時のデモ音源、未発表音源、レアライブ音源などをTAKUROプロデュースのもと全15曲収録。(70min)
Disc3:アルバム「GLAY」プロモーション時のラジオ音源や、雑誌インタビュー時の音声など普段聞くことのできない音声を収録した「GLAY Radio Selection」。(77min)
ブックレット:色々なメディアへの露出やレコーディング時の写真やアーティスト写真のアウトテイク、オフィシャル宣材などを1冊に収めた68Pプレミアフォトブック。

【収録内容】
◆Disc 1(オリジナルと同一)
1.シキナ
2.汚れなきSEASON
3.WASTED TIME
4.遥か・・・
5.Apologize
6.月の夜に
7.風にひとり
8.Precious
9.Satellite of love
10.Chelsea

◆Disc 2
1.Let it rock           
2.シキナ (Demo)
3.シキナ (Jet the phantom mix)  
4.WASTED TIME (Demo)          
5.WASTED TIME (Jet the phantom mix)
6.Apologize (Acoustic live ver.)  
7.遥か・・・ (Demo)    
8.Precious (Ver. 2)    
9.月の夜に (Ver. 2)    
10.風にひとり (Jet the phantom mix) 
11.Satellite of love (Demo)   
12.Satellite of love (Jet the phantom mix)
13.Satellite of love (Live ver.)  
14.Chelsea (Live ver.)   
15.真実 (Demo)    

◆Disc 3「GLAY Radio Selection」
1.『TAKURO MOBILE MEETING』 2010.04.18
2.『TAKURO MOBILE MEETING』 2010.03.28
3.GLAYオフィシャルFan Club 『HAPPY SWING』 vol.58 SPECIAL INTERVIEW /GLAY 
4.FM NACK5 『J-POP MAGAZINE』2010.10.9 / TERU & TAKURO
5.『TAKURO MOBILE MEETING』 2010.09.26
6.『TAKURO MOBILE MEETING』 2010.10.03
7.『TAKURO MOBILE MEETING』 2010.10.10
8.TOKYO FM 『赤坂泰彦のディア・フレンズ』 2010.10.13 / TAKURO
9.TOKYO FM 『赤坂泰彦のディア・フレンズ』 2010.10.14 / HISASHI
10.TOKYO FM 『赤坂泰彦のディア・フレンズ』 2010.10.15 / JIRO
11.TOKYO FM 『赤坂泰彦のディア・フレンズ』 2010.10.16 / TERU
12.『TAKURO MOBILE MEETING』 2010.11.07
13.TOKYO FM『DHC COUNTDOWN jp』 2010.09.11/GLAY

d.jpg

これはGLAYファンにはたまらない品です!
未発表曲というより、新曲と呼ぶべきLet it rockや真実。個人的に真実は・・・かなり好きです!!
WASTED TIME (Demo)とPrecious (Ver. 2)は、凄い発表ですよ・・・聴きなれた曲があるだけに違和感すら感じますし....それはそれで聴きごたえがあるんですから凄い!!
それにしても、こうも曲って変化して行くもんだなぁ~と思い知らされました。

そしてそして・・・
bnr110812.jpg
10月5日のオフィシャルグッズショップ限定のシングルも先行予約して購入しました!!


・・・って、どれもこれもGLAYに興味の無い人にしてみれば・・・「何?」って感じでしょうが(笑)



※コメントを頂いた皆さんへ御返事をm(__)m


[カリスタ姫さん]
今回もお褒め頂き感謝です★
御互いに温度差の違いで始まりましたけど、こちらこそ今後ともよろしくお願いします(^-^)
BEST STORYは、徐々に更新して行きますので・・・今後ともお楽しみ頂ければ嬉しいです♪
第28話[巧みな話術]

【BEST STORY~最高の栄冠~】
※この物語はフィクションです
※小説ではなく初心者の書いた作文としてお楽しみください

第28話[巧みな話術]


ゴミドモ「おい、コラァ!誰が誰をぶちのめすって?あぁっ!?」
スタート「ゴミドモ!!」
エックス「・・・・。あぁ?」
イヴ「・・・(゚o゚;;」
クリア「おいおいゴミドモ、いちいち俺たちに絡んでくるなよ」
ゴミドモ「いちいち絡んできてるのは貴様らの方だろが!?雑魚ばかりレースに出して来て、俺の勝ちをパクりやがって!」
エックス「パクる?何意味わかんねー事言ってんだ。¨強い方が勝つんじゃなくて勝った方が強い¨と豪語してたのはテメーだろうが。
言う事を二転三転させんじゃねぇよ。」
クリア「俺達はお前に公言した通りの事しかしてないぞ?邪魔をするってのは、こういう事だろ。お前も仲間が居るなら俺達に同じ事したって良いんだぜ?」
スタート「大体、これはお前も了解した上での勝負だったはずだ」
ゴミドモ「ぐっっ・・・!どこまでもおれをイライラさせるのが上手い雑魚どもだ・・。」
エックス「お前はどこまでも面倒臭せぇ野郎だな。おい、ゴミドモ・・・次のWBCCに俺の始動馬ティアーズを出す。お前の始動馬もそこに出して来い!
俺のティアーズがお前より着順が悪かったら『今回の勝負に限って』俺はお前の邪魔はしないようにしてやるよ。その代わり、お前が負けたら何があろうと二度と俺に話しかけてくるな! 一回きりの勝負だ。」
スタート「えっ!?」
クリア「おいおいエックス!そんな勝負、何のメリットがあるんだよ!?」
エックス「....訳はあとで話す」
クリア「? ・・・わかった。」
ゴミドモ「エックス....テメーの上から目線での物言いには腹が立つが・・・まあいい。受けて立ってやる。どうせ次のWBCにジエンドフィナーレを出すつもりだったからな。丁度良い。ましてや皐月賞に出て来た、あの雑魚馬だろう?ハハハハッ
あんなカスに三度も負けるはずがねぇ!」
そう言い放ってサテに戻ったゴミドモ。

サテに戻ったゴミドモを確認して、ゴミドモに聞こえないように小声で話す四人。
スタート「エックス、なんでこんな意味の無い勝負を?」
エックス「意味ありまくりの勝負だろ。あいつはバカだから、俺の話術にハマってる事に気づいてねーんだよ。」
クリア「話術?」
エックス「ん?なんだよ…もしかしてみんなまだ気付いてないのかよ?」
イヴ「んぅ~!?(・_・;?」
スタート「ん~・・・。
《俺の馬がお前より着順が悪かったら、今回の勝負に限って俺はお前の邪魔しないようにしてやるよ。》
あっ!!もしかしてっ!!」
エックス「おっ。スタートは気付いたか?」
スタート「エックスは《俺はお前の邪魔しないようにしてやるよ。》って言ったけど、これってかなり曖昧な言い方をしてる。あくまで『同じレースに出走させない』 わけじゃなく、邪魔をしないっていう枠組み。」
エックス「さすがスタート。頭の回転早いな」
クリア「え?え?何? 邪魔しないっていうのと同じレースに出走させないのと何が違うの?」
エックス「クリアは頭の回転遅いなぁ~。バカだな」
イヴ「・・・~(・・?))」
スタート「意味が全然違う。つまり、こっちが先に出走登録してしまえば全然問題無しって事。
ゴミドモが先に登録していて後から出走登録したなら邪魔した事になるけど、先に登録していて後からゴミドモが出走させてきても、それは邪魔した事にはならない。むしろあっちが邪魔しに来てる事になる。こっちが出てくるのを分かっていながら相手が勝手に出してきたんだから自業自得。ましてや出走取り消しなんて出来ないんだからさ、スタホは。」
エックス「その通り」
イヴ「うんうん( ̄ー ̄)」
クリア「なるほど・・(何が、うんうん だ!絶対イヴは分かってなかっただろ)(ーー)ジー」
イヴ「Σ(・□・;)はっ・・・。 ♪(´ε` )」
エックス「だから俺からすれば、この勝負は何のデメリットも無い。あいつより先に出走登録させすれば何の問題無いんだから。ま、それも負けたらの話で、負けるつもりはさらさら無いけどな。」
スタート「WBCCはさすがにティアーズの方が人気になるかな?」
クリア「いや・・・五分五分か、下手したらゴミドモのジエンドフィナーレの方が人気かもしれない。」
エックス「こっちはまともな1権で青権、あっちは0.5権の黄権での出走。ここで素質の差がはっきり浮き彫りになるな。皐月賞で素質じゃ負けてるのは分かってるけど、ここではさすがに勝ちたいな」
迎えたWBCC。偶然なのか必然か、スタホプレイヤーが満席の状態にも関わらずWBCCのP馬出走はエックスのティアーズとゴミドモのジエンドフィナーレの二頭だけだった。
それぞれの人気とオッズは、ティアーズが2番人気4.0倍、ジエンドフィナーレは1番人気3.9倍だった。
ゴミドモ「ハハハハッ!弱い皐月賞馬だなっ!重賞未勝利馬に人気負けしてやがる!恥ずかしいGⅠ馬だ。ハハハハッ」
スタート「あいつ・・・いちいち馬鹿でかい声で…っ!」
エックス「ちっ!うぜぇな。マジで人気負けするとは....さすがにショックだ」
クリア「ムカつくけど強いな、ゴミドモの馬。黄権で3.9・・・SS中以上は確実だな。1権だったら3.6以下のレベルか。
早くオレも始動させて加勢しないと、スタートが勝つのも難しくなりそうだ。ただでさえ奴の倍の記録じゃないといけないのに・・・ますますヤバイな。」
イヴ「あたしはもう配合するだけだから、いつでも大丈夫(^O^☆
馬名を何にしよっかなぁ~( ̄▽ ̄)」
スタート「2人とも、ゴミドモとの勝負の為に無理し無くていいからね?」
クリア「分かってるよ。自分の意思で自分の選んだ道を進んでるだけだから、スタートこそ気を遣うなっ!て。」
イヴ「そうそう!・・・とは言っても、もうCLUB仲間なんだから逆に放っておけるはずが無いでしょ!って気持ちは分かって欲しいかな(*^_^*)」
スタート「2人とも優しすぎるな…ありがと。」
エックス「俺は優しく無いのか!?」
スタート「あ・・・!?(・_・; いやいや、エックスも優しいよ(^^;;」
エックス「お前、今俺の事忘れてただろー!」
スタート「ははは」

エックスの話術の真相を知らぬまま、鼻息荒く画面を見つめ続けるゴミドモ。
バンッ!!  と何故かサテをひと叩き。
メイン画面に視線をやると、各予想紙印の一覧画面。
どうやら自分のジエンドフィナーレよりエックスのティアーズに◎印が集中していたのが気に食わなかったようだ。
実際に、人気ではゴミドモのジエンドフィナーレの方が上だが予想紙印は◯◯▲◎▲◯◯△と微妙だ。
対するエックスのティアーズは◎◎◯◯◎◎◎…とセガの無印以外は、全て本命又は対抗としての評価を与えている。
惜敗続きの1番人気馬よりも無敗連勝の2番人気馬の方が信頼できる・・・というものなのだろうか?
結果論から逆引きしてしまえば、何もかもがただの演出でしかない!と割り切れてしまうが、結果を知らずして予想する側の立場でいえば一度気にし始めてしまうと何もかもがヒントに思えて来てしまうのだからスタホも含め、競馬というのは奥が深く難しい。
それらを一言で『駆け引き』と称する時もあるわけだが、賭ける側も賭けられる側も、どちらにも『駆け引き』が存在している競技というのは非常に魅力的で面白い。
それを忠実に再現するに留まらず進化させたような、このスターホースというゲームはまさに魔性のゲーム機と呼べるだろう。

そうで無ければ、大の大人がこうして熱くなって勝負するなんて事象は起こり得ない。
果たして、このエックス VS ゴミドモの勝負の行方は・・・?









TO BE CONTINUED…
※更新は不定期ですm(__)m
絶品の品々

通勤時に欠かさず聴いてるGLAYですが・・・やっぱPreciousはいつ聴いても自分の中では別格です!
10月以降、3ヶ月連続リリースが発表されていますが・・・果たして、このPrecious以上の名曲が生まれているのか・・・今からワクワクドキドキです★
untitled.jpg

今日は振り替え休日だったので、家族でのんびりしてました。
子供がいま流行りの手足口病にかかってしまったので、大きな動きは出来ませんでしたが充実した一日でした!
手足口病の症状も軽度なものだったので一安心。子供は病気とは思えないほど元気いっぱいです(笑)
昨日の記事でも紹介したコメダ珈琲ですが、今日も行ってきました!
110809_202124.jpg
やっぱり夏はカキ氷?(笑)
絶品でした!!

絶品といえば・・・まっつーさんから頂戴した巨大なスイカ!!
P8051960.jpg
本日、家族みんなで食べまして・・・めちゃくちゃ美味しかったです!!
とても甘くて、ジューシー★☆
ボリューム満点のスイカですので、テレビでよく見るようなかぶりついてしゃぶりつくすようにガッツきました!!(笑)
とてつもなく美味しかったです!!
まっつーさん、改めましてありがとうございましたm(__)m



※コメントを頂いた皆さんへ御返事をm(__)m


[カリスタさん]
>>なんか少しエ○くて

男はみんなエロイです!!

>>ダイイムフリーさんで

違います!!誰の受け売りですか!?まったくもぉ~(笑)

>>いぢられキャラっぽい!!爆

まあ、いつの間にかそうなってるは事実です(笑)
>>PS1 すみません・・・。カリスタ姫がとんだご迷惑をおかけしていた様子で・・

いえいえ、とんでもありません(汗)
こちらこそカリスタ姫さんだとは知らずに刺々しい返答をしてしまいまして...反省してます。
ネット世界を知り始めると、どうしても疑り深くなってしまうんですよね(;^_^A
なので、あまりに過剰な褒め方をされ事が続くと「からかわれてるだけなんじゃないか?」と思ってしまっていた部分があるんです。
こちらが申し訳ないです、ほんとすみませんでしたm(__)m
>>PS2 プレステ2にしか見えない・・・。なんて書いてたようで(笑 確かに!! その通り!!
ですよね(笑)
>> PS3カリスタ姫にはちゃんと謝罪させますので。
そのコメントを頂いているのですが、先程も書きました通り・・・カリスタ姫さんは一切悪くありませんので・・・その必要はないとお伝えくださいm(__)m


[カリスタ姫さん]
改めまして....申し訳ありませんでしたm(__)m
こちらの用心深さによって不快な思いをさせてしまった事に、深く反省しています。すみませんでした。
記事にコメントを頂くと、ブログを書いている者からすれば非常に励みになりますので・・・コメントしないとは言わず、気が向いた時にはまたメッセージを頂ければと思いますm(__)m
お詫びというわけではありませんが、カリスタさん&カリスタ姫さんが応援してくださっているBEST STORYの第28話を10日になったと同時にアップさせて頂きます。
思い掛けない形になりましたが、悪気はなくとも不快な思いをさせてしまった事実に・・・改めて申し訳ありませんでしたm(__)m
珈琲所 コメダ珈琲店

こんばんわ★
会社のセキュリティがより一層強化されて、宿直時もブログ更新&掲示板への書き込みが出来なくなってしまいました。
ま、今の時代・・・それが普通なんでしょうけどね(笑)

今日は滋賀県の大津市では・・・この時期恒例の花火大会!
8a1fd205.jpg
5501d2c8f3090afd8b4e79eb99ca4861.jpg
ま、行ってないんですけどね(笑)
子供が音だけで怖がって泣いちゃうので・・・もうちょっと大きくなるまでは無理そうです。
雷の音や電車の音もダメ・・・小さい時って大きな音が苦手なのかな??
花火へ行く人の群れに捕まらないように急いで仕事を終えて電車に乗り込みました(笑)

まっつーさんに貰ったスイカも冷蔵庫に入れて2日経ちましたし・・・明日が食べ頃かなー(*^_^*)
すんごい楽しみです!!

あ、それと最近ハマってる店なんですが・・・珈琲所 コメダ珈琲店。
コーヒーも美味しいんですが、カキ氷も絶品です!!
姫も大絶賛で、この夏はコメダに御世話になりそうな予感です(笑)
かき氷up07-東郷春木店2
皆さんの近くにもあるんでしたら、ぜひ一度立ち寄ってみてはどうでしょう??



※コメントを頂いた皆さんへ御返事をm(__)m


[まっつーしゃん]
とてつもなく立派で巨大で高級なスイカ、本当にありがとうございます!!
めちゃくちゃ大きくて、届いてびっくりでした!!
姫も「ただでこんな立派なスイカ貰って良かったの??」と驚きの様子で戸惑ってました。
本当にありがとうございましたm(__)m
そろそろ中身も冷えてる頃でしょうから、明日・・・美味しく食べさせて頂きます☆★
大感謝★


[カリスタさん]
器が大きいだなんて、とんでもないです!
このブログで見てる表情と、実際の表情は別物と考えて下さい!猫かぶりまくってるんで(笑)
ブログを始めた当初の頃は、意外と素に近かった気もしますが・・・その分、結構荒らされてましたし、もうこりごりです(苦笑)
なんせ、顔も見えない場所も分らない相手はタチが悪いしキリがないと思い知らされましたので(笑)
Re.Free'sというCLUBを自分の思い描いていたCLUBにかなり近いものになってくれた事に喜びを感じてはいます★
まあ、それは心優しい皆がいてこその空間なんで、自分云々はさほど関係無いと思いますけどね。
>>一瞬、尾花沢が尾花栗毛に見えたのは秘密でつ

その気持ち、なんか物凄く分る気がします!!(笑)


[いつまでも元気でいてください さん]
今回もお褒めのコメントありがとうございますm(__)m
感じ方は人それぞれなので、面白いと感じて下さる人もいれば逆の人も絶対にいますもんね。
それにしても・・・ハートマークの絵文字多いですね(苦笑)
あまりの過剰反応に若干、戸惑ってしまいます。
嬉しい贈り物

untitled.jpg
こんばんわ★
久し振りに長く感じた一週間を、ようやく乗り切りましたが・・・日曜日から早速仕事。
先週の土曜日分の振り替え休日を9日に設定しているので、来週はまだマシかな?

そんな事を考えながら自宅に帰ってきたら・・・嬉しい贈り物が届いていました!!

P8051959.jpg
P8051960.jpg

とても大きなスイカです!!
※尾花沢スイカ(サイズは2L~3L)
※2個の相場が5000円以上もする最上級の高級スイカです!


そしてなんと、その贈り主様はRe.Free'sメンバーのまっつーさん★☆
先日にメールを頂き、"御世話になっている感謝の気持ち"との事でしたが.....いやいや、感謝するのはむしろこっちなのですが、有難く頂戴させて頂きましたm(__)m大感謝

まっつーさん、本当にありがとうございます!
美味しく家族みんなで頂きます♪♪



※コメントを頂いた皆さんへ御返事をm(__)m


[カリスタさん]
非常に嬉しい御言葉に感謝ですm(__)m
少しずつですが、モチベーションは回復してきてますので徐々に更新していけたらと思っています!
愛読ありがとうございます!


[いつまでも元気でいてください さん]
カリスタさんに続いて、大絶賛ありがとうございますm(__)m
自分自身では、それほど面白いものでも無いと思ってはいますが・・・少しでも楽しんで下さる人が居る事に喜びは感じます。
>>>フリーさん愛してま~す

それはかなり過剰反応ではないでしょうか?(苦笑)
G4 Ⅱ

やっぱり昨日は更新できませんでしたねぇ~
そりゃそうですよ・・・なんせ帰りは日付けの変わった終電ですからね(´∀`)ぷっ
今日はその影響がもろに出て、やる気が全く無かった(笑)

明日は宿直、日曜日も宿直・・・ちょっと長い一週間になりそうです(苦笑)

そんな時に、俺が大ファンのGLAYから素晴らしい情報が♪


3ヶ月連続CDリリース決定! 第1弾は10月5日発売
13ヶ月ぶりのシングルはオフィシャルストア限定発売!メンバー4人が1曲ずつ書き下ろし!
New Single
「G4・Ⅱ -THE RED MOON-」 2011.10.5 リリース

8/12よりGLAY Official Store G-DIRECTにて第1次予約スタート

New Single
「G4・Ⅱ -THE RED MOON-」 
2011.10.5 リリース
\1,470(Tax in)
※G4セレクトジャケット(各メンバーのソロショットジャケット4枚組仕様)

収録曲
1. everKrack (Written & Composed by HISASHI)
2. キリノナカ (Written & Composed by TAKURO)
3. MAD BREAKER (Written & Composed by TERU)
4. Ruby’s Blanket (Written by TAKURO Composed by JIRO)
※all songs Arranged by GLAY & MASAHIDE SAKUMA

4曲共にライブ映えするロックナンバー。
2006年にリリースされた「G4」の第2弾的なタイトル、各メンバーが1曲ずつを書き下ろした、より意味合いの濃い作品となった。
ジャケットは各メンバーソロショット4枚組の特別仕様となっているので、各自好きなメンバーをジャケットに出来るG4セレクトジャケットとなっている。



いやいや・・・待ち焦がれてましたよ!!
今年はライブにも行けてないし・・・来年は滋賀にも来てくれるので絶対に行こうと思います!!

って、もう来年の話(笑)



※コメントを頂いた方へ御返事をm(__)m


[ターフィーしゃん]
御久し振りです★
その後の新婚生活は如何でしょうか?(笑)
気持ちは、ある一定のところで止まっちゃいますよねぇ~。
でも、俺はまだ20代なんで若々しく頑張ります(笑)
初々しさ

今日から俺の職場にも新入社員が入ってきました!
数年前から平成生まれの子ばかりでしたが、なんだか不思議。
昭和生まれの俺からすれば、ちょっと年齢差を感じちゃう。。

それにしてもやはり新入社員は初々しいですね。
俺にもそんな頃があっただなんて、今ではにわかに信じがたい(´∀`)ぷっ
県外からの配属となれば尚更不安ばかりでしょうから、先輩として少しでもその不安や緊張感を解してあげられたらと思います!

明日は送別会で飲み会・・・連続更新記録、早くも途切れるか?苦笑
第27話[再戦の初戦]

【BEST STORY~最高の栄冠~】
※この物語はフィクションです
※小説ではなく初心者の書いた作文としてお楽しみください

第27話[再戦の初戦]


クリア「スタート、今…次のダービーで自分の始動馬をデビューさせるって言った?」
スタート「あぁ、そう言った。」
エックス「おいおい、それじゃ俺らがやってる事の意味が無くなるだろーが。何、今更わけわかんねー事言い出してんだ?」
スタート「だって、三人ともあまりに気を遣い過ぎてて逆にこっちの気が重くなるんだよね。それなら、いっそのこと自分でとことん勝負してぶちのめしたくなったというか…まあ、今更と言えば今更なんだけど。はは。」
クリア「はは・・・って。」
エックス「クリアも変わってるけど、スタート・・・お前も大概の変わり者だな」
イヴ「ぷっ☆(ゝ。∂) エッくんにそんな台詞言われちゃう人もなかなか居ないよ、スーくん(笑)」
エックス「なにぃ!どう言う意味だよ!?」
クリア「いやいや、そのまんまの意味でしょ。エッくんも変わってるからね(笑)」
エックス「お・ま・え がエッくん言うな!!」
イヴ「あはははっ(^◇^)」

父:リスタート
母:スタートライン
両馬共に素質はSSクラスの配合。
ゴミドモとの再戦、初戦ダービー。
再び交わる2人の始動馬、その様々な想いと因縁めいた運命を背負い、特別なモノを宿した四肢を持つスタート厩舎の発動馬。その名は・・・


ネオスタート


と命名された。
脚質は・・・なんと大逃げ。

クリア「ネオスタートかぁ・・・なかなかシンプルでかっこ良いじゃん」
エックス「大逃げってところが面白いな。逆転演出でBGM変化も有り。ここまでの流れは良い感じだな」
イヴ「条件戦も全勝で、怪物の中の怪物コメ!いよいよ…ダービー対決だね!」
スタート「始動馬でダービーに出走させるとなると、どうしてもスタートモンスターを思い出すなぁ」
エックス「スタートモンスター?」
クリア「懐かしい馬が出て来たな。エックスとイヴは知らないよ。スタートにとって一番最初の素質馬で、最初の始動馬の事だから。唯一無二の特別な馬。まあ、オレのゼロプレジデントに負けた馬だけど(笑)」
スタート「負けたは余計!そのあとスタートシーズンでしっかりリベンジしただろ!?」
クリア「ははっ」
イヴ「やっぱりみんな、自分の最初の始動馬って覚えてるんだね☆あたしもスキャンダルヘヴンっていう馬が最初の怪物で、物凄く印象に残ってる!」
エックス「思い出話は後でゆっくり話そうぜ。スタートのネオスタートがダービーに登録して来たのを見て、ゴミドモが輪をかけてこっちを睨んで来てるぜ?」
スタート「まあ…奴も俺の馬名を見て何と無く分かってるんだろうな、始動馬だって事」
クリア「随分と落ち着いてるな、スタート。自分の勝負だろ?こっちはもうドキドキして落ち着かないってのに…。」
スタート「ん~、何でだろ?自分でも良く分からないけど、多分吹っ切れてるんだろうな。自身過去最高の配合だし、みんなもいるし、なんか負ける気がしないっていうか・・・。」
エックス「感覚が麻痺してるだけだと思うけど、まあ逆に冷静さを失ってるよりはマシか。」
イヴ「あたしはこういうシチュエーションで燃えるタイプだから、なんかワクワクしちゃう( ̄▽ ̄)」
クリア「イヴ…なんか頼もしいね(笑)」
イヴ「クーちんは頼りないね_φ( ̄ー ̄ )」
クリア「え? ひ、ひどっ(泣)」
スタート「ははっ」

ジエンドフィナーレ VS  ネオスタート

注目はネオスタートのオッズだった。
ジエンドフィナーレが1番人気になるのはティアーズとの皐月賞を見ても明らか。単独なら一倍代確実の超素質馬。
画面に表示されたオッズを見て
「おおっっ!!」と多くのスタホプレイヤーが湧いた!
ゴミドモのジエンドフィナーレは当然の1番人気2.0倍。そしてスタート厩舎のネオスタートは2番人気3.0倍だった!
ダービーデビューで3.0倍のオッズはかなり優秀。

バンッ!!

ゴミドモが早くも台パンして発走前から逆上気味。
スタート「素質は奴に対抗出来るレベルみたいで安心したな。あとは走ってくれるかどうか。」
エックス「脚質的に相性は悪そうだけどな、大逃げとまくりだし。」
クリア「まあ、脚質はあくまでも演出だから結果には関係ないでしょ」
再戦の初戦、そのゲートが開かれた!!
その瞬間から、ゴミドモを含めた五人の視線は画面に集中。

好スタートを切ったのはネオスタート。
二番手集団を二馬身、三馬身、四馬身、五馬身と突き放して大きく逃げる孤高一騎ネオスタート。
対するゴミドモのジエンドフィナーレは後方集団、最後尾から三番手あたりに付けている。
馬場状態は良、軽快に逃げるネオスタートがポツンと離れて一際目立つ位置取り、果たしてこのまま逃げ切れるのか?
スターホースプログレスによく見る大逃げ演出のような各馬の体列。
1000mの通過タイムは59秒7・・・ハイペースのラップを刻んだネオスタートの息はしっかり入っているのか?
最終コーナーから直線!!
先頭は以前としてネオスタート!!
ジエンドフィナーレはまだか!?そう言わんばかりにゴミドモがサテを激しく叩く!!

バンッ!バンッ!!

まだまだ先頭はネオスタート!!二番手に他プレイヤー馬サヴァイヴァル!!三番手にウオッカ!!
そして、遅れて物凄い勢いで飛んで来たゴミドモのジエンドフィナーレ!!
ネオスタートは顔を横に傾けながらバテているが、まだ三馬身!!
しかし一気に失速するネオスタート!距離が縮まる大激戦、ゴール板!
ネオスタート!ウオッカ!!ジエンドフィナーレ!!!
ネオスタートか!!ジエンドフィナーレか!!ウオッカか!!!
際どいゴール版の激しい叩き合い。
それを制したのは・・・



紙一重でネオスタートだった!


わっ!!!

と湧いて興奮したダービーも、ゴミドモの台パンで台無しになったのはいつも通りの流れ。
ゴミドモのジエンドフィナーレは皐月賞に続いて、またしても二着。
しかし黄権は二枚もある為、最低限の走りは見せている。
クリア「初戦ダービーで勝利って最高だな!あいつにも勝ったし!」
スタート「最後はハラハラドキドキで興奮したけど、久々の再戦で奴に勝ったのは、素直に気分良いな(笑)」
エックス「ハナからガチ勝負して勝ったんだから、そりゃ気分良いだろうな。次はどうするんだ?俺のティアーズは次のWBCCに出すつもりだけど」
スタート「ティアーズ出すの?多分、ゴミドモのジエンドフィナーレも出て来そうな勢いだけど?」
エックス「奴の事だから出してくるだろうな、多分。でも、弥生賞、皐月賞、ダービーとみて勝ちきれずに惜敗続き。ゴミドモのジエンドフィナーレ、あれ晩成なんじゃねーか?」
スタート「! そう言われれば、確かにそんな挙動のような気もするけど…。」
クリア「いや、まだ分からない。ああいうタイプの馬は世界戦で覚醒する事もあるから、一概に晩成とも言い切れないよ、まだ。」
エックス「どっちだろうと、どうせ奴とはいずれWBC戦でぶつかるんだろうしな。スタートの無謀に思えるようなダービー始動のガチ対決を目の前で見せられたら、なんか小さい事気にして後手に回ってる自分がバカらしく思えて来た。俺も奴と真っ向から勝負して、ぶちのめしてやるわっ!!」
イヴ「ん(*^_^*) エッくんカック良い☆~(ゝ。∂)
クリア「なんか、スタートの無謀さというのか、勇ましさというのか・・・伝染してきたな。」
スタート「ははっ。ま、良いじゃん!みんな燃えて来たって事で(笑)」





TO BE CONTINUED…
※更新は不定期ですm(__)m
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。